頭皮の湿疹 原因と対策

季節は変わり、体調の変化、風邪、体質の変化

などなど、起こりやすい時期でもあると思います。

今回は、頭皮湿疹の原因・対策についてまとめてみました。

一度、ご自身の生活習慣をふまえ、見ていただければ嬉しいです。

原因①脂漏性皮膚炎

②皮脂欠乏湿疹

③アトピー性皮膚炎

④接触性皮膚炎

の、主に4つ。

では、詳しく解説していきます。

①脂漏性皮膚炎

原因:頭皮に繁殖したカビ。

皮脂の過剰分泌でカビが繁殖。

大きめのフケがでやすい。

対策:

●シャンプーを頭皮用シャンプーに変える(しっとり系ではなく、油分配合が少ないタイプ)

●シャンプーの回数を見直す。シャンプーしすぎや、しなさすぎ、両方とも皮脂の過剰分泌を促します。 一日一回しっかり泡立たせ、しっかり流すことをおすすめします。

●リンス、トリートメントは不要、もしくは毛先のみにつける。

●頭皮を洗う際のお湯の温度が38度くらい(ぬるま湯)にする。

●脂質、糖質、コンビニ弁当、インスタント食品は常食しない。

●お風呂のあと、ドライヤーで乾かす。

②皮脂欠乏症湿疹

原因:皮脂不足

細かい、粉のようなフケが発生する。

対策:

●シャンプーを頭皮用、もしくはアミノ酸系シャンプーに変える

●シャンプーの頻度を2日に1回にする。(シャンプーしない日は、ぬるま湯でもみ洗い)

●頭皮を洗う際のお湯の温度が38度くらい(ぬるま湯)にする。

●紫外線に当たりすぎていないか(帽子をかぶる)

③アトピー性皮膚炎

原因:アレルギー

湿疹とかゆみ  カビやダニなどが体内に流入し、さらに乾燥して炎症を起こしやすい

対策:②の皮脂欠乏湿疹と同じ。

 

④接触性皮膚炎

原因:アレルギー とくに、ヘアケア製品、スタイリング剤が原因

対策:

使っているシャンプー、リンス、スタイリング剤を順番に変えていく。

シャンプーや、リンスetcをしたあと、しっかりと流すことを心がける。

補足

※海外では、シャンプーは1週間に一回の国もあり、

毎日する習慣ではなく、スタイリング剤をつけた日はしっかりシャンプーしたり

頭皮を見ながら、お湯だけで洗う日を週に一日ほどでも取り入れるのも

肌荒れ、髪のダメージ、アトピー、皮膚常在菌(良い菌)を残し、

より健康にしてくれます。

※頭に流すお湯の温度が高温の場合、皮脂の取りすぎで乾燥を引き起こす

もしくは、乾燥することにより、身体が頭皮を守ろうと皮脂に過剰分泌をうながします。

よって、頭皮が乾燥、皮脂過剰分泌どちらにしても、流す温度は38度前後がおすすめです。

と、まとめてみました。

※治る兆しがない場合は、皮膚科で受診をおすすめします。

2016年10月23日 | カテゴリー : 美容コラム | 投稿者 : hairs little