カラーが及ぼす影響

毛染め(カラー)は20代、30代前半くらいだと、

 

人にもよりますが、2ヶ月から3ヶ月ペース。

 

黒髪が伸びてきて気になると染めるペースですが、

 

 

白髪がでてくると、(目立つところにでてくるものだから)

1ヶ月から1ヶ月半ほどで染めるペースになる30代以降。

 

そのペースで染めていくのだから、頭皮の負担ももちろんあります。

 

50代60代になると、髪もだんだん細く、ハリ・コシがなくなっていく。

ま、そうゆうものだから…と、諦めません!

 

年をとると、血流、血液、細胞、ホルモンの観点から、髪も細くなるんですが、

 

その前に、カラーの影響ってどうなの!!!!

と思いまして。。

 

市販も美容室のも含めてヘアカラー(アルカリカラー)とは(流行しているイルミナもスロウも)

 

基本2つの液を混ぜて作ります。

 

1つが、染料の入ったアルカリ剤。

白髪染めだと、ほぼ必ずといっていい、『ジアミン』という

白髪を染めてくれる優秀だが、アレルギー成分でもある。

2つめが、過酸化水素(日本だと6%まで、海外はだいたい12%までと規制されてる)

 

これらを混ぜて、化学反応を起こさせて、髪を明るくしたり、色を入れたり、白髪を染めることができます。

 

マニキュアや、カラートリートメント、酸性カラー以外は、

どんなに、優しいカラー、オーガニックカラーといっても、

アルカリと過酸化水素やジアミンは必ず入っているのですが

 

カラーした直後にシャンプーをしますよね。

 

でも、シャンプーでは取れない、取りきれない残留しちゃう物質があるんです。

 

それが、アルカリと過酸化水素。

 

 

アルカリが残ると、キューティクルが開き、髪のパサつきや色落ちの原因

 

過酸化水素は、毛穴からでた皮脂っを酸化させ(過酸化脂質)、

髪を薄く細くさせてしまう原因なんです。

 

今までは、この残留させないためにシャンプー後に

 

スプレータイプの液を使っていたのですが、

 

頭皮ケアとして物足りないので

 

ジャジャーーーン!!

「シェルパ 炭酸」の画像検索結果

「シェルパ バッファーソーダ」の画像検索結果

泡上にでてくる炭酸ケア!

 

・残留アルカリケア

・残留酸化物ケア

・肌荒れ抑制

・残臭ケア

 

いいものがありました。

 

これをカラー後の頭皮ケアに導入することにしました!

 

(マテリアルカラー、髪質改善カラーには、この炭酸ケア込みでさせていただいております。)

 

 

 

いつまでも、きれいな、頭皮、髪、楽しい日々をこれからも送るために、

 

お時間、2~3分はいただきますが、宜しくお願い致します!

 

 

599-8232  堺市中区新家町690 ヘアーズリトル

 

ラインでもご予約承っております。

 

お気軽にお問い合わせください。

福井 聖之