シャンプーの大切さ①

シャンプーってとても大切なんです。

 

トリートメントや流さないトリートメントも大切ですが、

 

何よりもシャンプー!

 

シャンプーの大切さを語る前に

シャンプーっていつからあるのでしょうーー??

 

昔はシャンプーなんてありませんでした。

 

平安時代は

 1年に一回!!

米のとぎ汁 植物の皮をお湯で浸した液で洗い

臭い消しにお香を髪につけていました。

 

しかも、この時代ではお風呂を嫌う女性が多く?不衛生な人が多かったとか。。

「平安時代  絵画」の画像検索結果

しかも、この頃の絵は髪が長い方がほとんど。

頭皮に汚れが多少詰まっていても、髪は伸びるのかな…ヽ(*´∀`)ノ

 

続いて

江戸時代では

  一ヶ月に一回!!

ふのり(海藻) 小麦粉 灰やお茶で洗い

 

明治時代に  火山灰や粘土を混ぜた粉石けんが売られ始めました。

 

1950年に現在のシャンプーや牛乳石鹸が定番化していきました。

 

ちなみに、1950年は

巻き髪が主流で

ローションのスタイリング剤を使用してヘアスタイルを作るので

よりシャンプーが必需品に。

「1950年 髪型」の画像検索結果

 

ちなみに男性もリーゼントスタイルが流行し、ローションやポマードの使用とともに

トニックシャンプーなんかも発売されるようになっていきました。

 

 

こうして、シャンプーは、日常の必需品になっていったのです。。

 

でも、毎日スタイリング剤付けない人には、、、シャンプー毎日する必要ある…???

 

次号に続く

 

 

Hair‘s Little ヘアーズ リトル

072-349-6902

堺市中区新家町690 福井

 

 

2017年11月16日 | カテゴリー : ヘアケア | 投稿者 : hairs little