男性ホルモンが多いとハゲる!?

男性ホルモンが多いことで薄毛に繋がると思っていました。

AGA

つまり、 男性型脱毛症。

男性なら誰でもなり得る可能性のある脱毛症。

 

これの

本当の悪は(薄毛に対して)

 

男性ホルモンではなかったのです!!!

 

男性ホルモン 特に

【テストステロン】は、あらゆる毛の発育に関係しています。

つまり、発育にあたってテストステロンは必要な存在ってことです!

 

ただ、血液中に存在する

【5a還元酵素】5aリダクターゼ が男性ホルモンを

 

悪玉ホルモンの【ジヒロテストステロン】に変換してしまうと、ぬけ毛の原因に!

 

つまり、着目するところは

【5a還元酵素】5aリダクターゼ

この部分だったのです!!

 

ちなみに、2種類あり

◎1型5αリダクターゼは、側頭部や後頭部の皮脂腺に多く存在しているのが特徴です。

 

◎2型5αリダクターゼは、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多く存在しており、ひげや体毛が濃い目の方が多いようです。

 

【5a還元酵素】5aリダクターゼの抑制方法

 

①薬による抑制

薄毛改善や予防の医療用のお薬には プロペシア(未成年や女性には使用できない)があるが

副作用が多少あるそうだ。(個人差はあるでしょう)

 

②食品から抑制

科学的根拠は乏しいのですが

◎ノコギリヤシ

育毛剤などにもあり。

◎亜鉛

生牡蠣 レバー 牛肉 煮干 するめ カニ しじみ たまご 大豆 チーズ

◎イソフラボン

女性ホルモンに似た成分で、主に 大豆 納豆 豆腐 豆乳

摂取しすぎも良くないので、ほどほどに。

 

いつまでも、素から若々しく、健康な髪を!

 

 

ヘアーズ リトル 大阪府堺市中区 新家町 690番地

072-349-6902   福井

また、新たな説ができましたら、アップデートし続けていきます!

 

 

2018年7月19日 | カテゴリー : 美容コラム | 投稿者 : hairs little