スローカロリーな生活 ②

血糖値の話を前回しましたが

 

できるだけ、消化吸収の緩やかな食べ方=血糖値の上がりがゆるやか  な食べ方 を

意識していきたいのです。

 

消化吸収が早い= 内臓脂肪がつきやすい

        糖尿病 動脈硬化

        肥満

        エネルギーの枯渇

消化吸収が遅い = 内臓脂肪つきにくい

       糖尿病のリスク少ない

       集中力が持続

 

 

実践

 

食べる量 →  腹八分目

 

食べる速さ → 良くかんで食べる

 

食事の組み合わせ

最近では、主食のみ食べるよりも

主食+メイン料理よりも

主食+メイン+油よりも

主食とメイン+油+野菜が一番血糖の変動が低い。

 

かつ、胃に入ったときに、、消化吸収に時間がかかるので、腹持ちも良く、食べ過ぎも抑制される。

 

つまり、単品食べよりも

ごちゃまぜで食べるほうが、吸収が緩やか と最近は言われています。

 

野菜から食べつつも、

最後に炭水化物を食べるより、

メイン、油料理、野菜、ご飯も一緒に食べるほうが血糖値を抑えれるということになる!

 

なんとか丼なんかもいいのでしょうヽ(´▽`)/

 

 

 

最後に 野菜 について。

 

野菜でも糖質が高い野菜があります。

 

さつまいも、じゃがいも、たまねぎ

 

食べるとGI値を上げる特徴がある ニンジン。

 

血糖値の観点だと

上記の野菜よりは、葉野菜のほうが、

より先に食べるのに適した野菜だと思います。

 

 

同じ料理でも、美味しく、そして、いつまでも健康で、食べたいものが食べれる人生のために

 

ちょっとした工夫をしてみましょう!

 

2018年10月18日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : hairs little